Love (Hold, Carry and Hug)

Dohjidai Gallery of Art, Kyoto, Japan, 17 – 22 Mar, 2020

 

Love (Hold, Carry and Hug) invitation card

 

愛(掴み、抱き上げ、抱きしめる)

世界保健機関のレポートには、「毎年、80万人近くの人が自らの命を絶っている」とあります。所得の高い国々では、自殺と精神障害(特にうつ病とアルコール使用障害)のつながりが既知の事実として受け止められていますが、実は自殺の多くは金銭的な問題や人間関係の崩壊、慢性的な痛みや病気といった生活上のストレスに上手く付き合っていく能力が破綻してしまった時、そのような困難な時に衝動的に起こるのです。そして、紛争、災害、暴力、虐待、喪失、孤独感を経験することは自殺行為と強い関連性があるのです。

今日の世界で私たちが必要としているもの、あるいは足りないと感じているものは、単に食べ物や避難所といったものだけではなくて、誰かが気にかけてくれている、誰かが愛してくれている、みんな独りぼっちじゃなくて助けを求めた時に受け止めてもらえる、といった感情なのではないでしょうか。おそらく、愛のある「触れる」経験が今の世界に足りないものなのです。
触れる経験がなかったとしたら?200年前、フランス人の科学者が森を駆け回っている人間によく似た生物を発見しました。捕まえてみると、なんと幼児期の大半を野生の森で走り回って育った11歳の子どもだったのです。その子ども「ビクター」は最初、みんなに知的障害児と認定されました。フランス人の内科医と精神科医はその後、人間味のある生身の触れ合いが乏しかったため、社会的および発達的能力の発達が遅れたと結論付けました。

目に見えない知覚の基本的な形である「触れる」経験は、私たちの感覚的経験のほぼすべてにおいて重要な役割を果たしています。「触れる」経験は、社会全体を支えているものですが、不安を軽くしてくれて、痛みを和らげてくれるのではないかという証拠だってあります。でも「触れる」経験が実際に私たちの脳の組織を形作っているものなのでしょうか。研究によると、特に幼児期の「触れる」経験が実際の脳の発達を形作ることが明らかになっています。しかし「触れる」経験は脳の発達以上に重要なのです。抱っこされず、十分に抱きしめられられずに育った赤ちゃんは、成長を止めてしまうことだってあるのです。そして、この状態がずっと続くと、死んでしまうことだってあり得るのです。乳児の死亡率が約30~40%だったルーマニアのある孤児院で、その理由を解明しようとしていた研究者がこのことを発見しました。そうです、ベビーベッドでひしめく広く白い部屋の中に孤児が押しやられて暮らしていたら、このような心理社会的剥奪の極端なケースだって起こる可能性があるのです。孤児たちは食べ物が与えられ、おしめも替えてもらえていましたが、それ以外は無視されたのです。

非言語コミュニケーション能力を調べることはなにも今に始まった新しい心理的課題ではありません。姿勢、動き、そして表情が示す複雑な感情と求めているものについて、研究者たちは昔から研究に取り組んできました。一連の研究の中で、心理学者のマシュー・ハーテンスタイン(Mattew Hertenstein)氏は、ボランティアの人々にリストにある感情を目隠しされた見知らぬ人に触れるだけで伝えてもらおうとしました。多くの参加者たちがこの実験のことを心配していました。「今の社会は触れることに恐怖心を抱いている社会なのです。見知らぬ人に触れること、友人にさえ触れることに慣れていないのです。」とハーテンスタイン氏は言います。
作品の中で、視覚芸術家のビクター・タン(Victor Tan)は、掴み、抱き上げ、抱きしめるといった触れる行為に関連する感覚や感情をじっくり掘り下げています。子どもの姿をしたたくさんのワイヤー彫刻が空間を埋め尽くします。ぜひ近づいて赤ちゃんの彫刻を掴んで、抱き上げ、抱きしめてみてください。

In a report by WHO, “every year close to 800 000 people take their own life. While the link between suicide and mental disorders (in particular, depression and alcohol use disorders) is well established in high-income countries, many suicides happen impulsively in moments of crisis with a breakdown in the ability to deal with life stresses, such as financial problems, relationship break-up or chronic pain and illness. In addition, experiencing conflict, disaster, violence, abuse, or loss and a sense of isolation are strongly associated with suicidal behaviour”

It makes me wonder if what we need or lack in today’s world is not just food and shelter but to feel that someone cares, that someone loves, that we are all not alone and will not be rejected when we reach out for help.  Perhaps that loving “touch” is what is missing in today’s world.

What can absence of touch lead to? Two hundred years ago, French scientists spotted a creature resembling a human running through the forests. Once captured, they determined he was 11 years old and had run wild in the forests for much of his childhood. Originally the child, “Victor,” was determined to be an idiot; French physicians and psychiatrists eventually concluded he had been deprived of human physical touch, which had retarded his social and developmental capacities.

Touch, as a fundamental form of non-visual perception, plays a crucial role in nearly all our sensory experiences.  Touch underpins our social world and, evidence even suggests it may help to reduce anxiety and relief pains. But can touch shape the actual organisation of our brains? Research has revealed that experiences with touch – especially in infancy – do indeed shape brain development.   But touch is even more vital than brain development. Babies who are not held, nuzzled, and hugged enough can stop growing, and if the situation lasts long enough, even die. Researchers discovered this when trying to figure out why some orphanages in Romania had infant mortality rates around 30-40%. Yes, it’s possible that these are extreme cases of psychosocial deprivation in where these orphans lived in large white rooms crowded with cribs. They were fed and changed but otherwise ignored.

Probing our ability to communicate nonverbally is also hardly a new psychological task; researchers have long documented the complex emotions and desires that our posture, motions, and expressions reveal. In a series of studies, psychologist Matthew Hertenstein had volunteers attempt to communicate a list of emotions to a blindfolded stranger solely through touch.  Many participants were apprehensive about the experiment. “This is a touch-phobic society,” he says. “We’re not used to touching strangers, or even our friends, necessarily.”

In this work by Visual Artist Victor Tan, he delves into the sensations and feelings associated with the act of touch. Multiple wired sculptures of children will occupy the space. Audience are are encouraged to come forward to hold,  carry and  hug the baby sculpture.